カテゴリ:ひとりごと&未分類( 87 )

『マッピー』用ボーダー

R&L 間違えると...

最近の私の中での大ヒットです。

f0155318_12342390.jpg


River Sideを間違えて、Liver Side。肝臓サイドのラブホテル。笑x1000000 どんなお客さんがはいるのだろう?(って興味ないけど。)


このサイト、私が時々ストレス発散に大笑いをするために訪れるのですが。

日本では、間違った英語、特にLとRをメチャクチャに使っているようです。あと1ヶ月で日本に帰りますが、こんな看板などを見つけられると面白いだろうな、と今からかなり楽しみです。


あとこれもかなり笑えました。
f0155318_12501970.jpg


まず、この英語、メチャクチャすぎて少し悲しくなります。笑 でも、なんとなく訳すると、
"エレベーターの中に飛び乗らないでください。もしそうしたら、とまってしまいます。そして、あなたは刑務所に閉じ込められないといけません。” 上の日本語と意味があまりにも違いすぎて笑えます。

日本という国はエレベーターに飛び乗るだけで、刑務所に閉じ込められるのだろうか?と思った外国人は果たして何人いたでしょうか。。。


実は、私にも最近面白い話がありました。私の日本人の上司が私の仕事内容を英語で書いてくれた中に:

Handle dairy tasks とありました。彼はDailyと書きたかったのでしょう。Dairy(=乳製品の、牛乳の、といった意味)と書いてしまったため、私の仕事内容は、『乳搾りをこなす事』となっていました。一応、銀行員なんですがね。笑 あ、あの~いつお乳を搾ればいいですか?と私は思わず聞いちゃいました。

LとRの違い、小さいようで大きいですね。
[PR]

by ayanewyork | 2008-02-26 13:15 | ひとりごと&未分類

『マッピー』用ボーダー

Would I?

Because of the nature of my husband's job, we always had a chance of going to Japan and stay there for a year or two. Then, the other day, one of my hustband's co-workers came up to my husband, saying that they really need people who are willing to relocate to Tokyo. Why did they come to talk to my husband? Needless to say, because his wife is Japanese who grew up a half of her life in Japan (yes, that's me!), and they naturally thought it'd be a good idea to talk to him.

So one night, when he came home and brought this up to me, I didn't know what to think. The half of me is thinking it'd be really fabulous to live in Japan for a few years. Then, the other half of me is hesitant.

Why hesitant? Because I am so comfortable in this city. NY. Everything I need is in here. I have my dentist, doctor, and tax accountant whom I have been going to for years. We have good friends with whom we have BBQ parties, going to awesome restaurants. Not to mention, we just bought a brand new 50' High Def TV and a cute rug and a sofa which go perfectly with our cozy apartment in Brooklyn. If we were to move to Japan, it's a huge step. A big change. Even if it's just a few years, we have to give up a lot of things, and things we have to leave behind are perhaps beyond what we can imagine at this point.

"I would do it for you." my husband says. My family, especially my mother would be so ecstatic if this deal comes true. Yes, it's so thoughtful of my loving husband, and yes, it would be so great to be close to my family. But if he would do it for me, instead of himself, would it really go well? I can't help but think doubtful.

Then, what if we actually decided to move to Japan on my husband's job. I would not want to just sit around the house and do nothing. Even in Japan, I would want to work. But would I fit in the crowd? I highly doubt it. Do you blame me though? I've been in the U.S. since I was at a half of my age now, and I spent the most important days of my life (growing up) here. In New York, I am currently working for a Japanese company and even in New York, I have such a tough time understanding the core concept of Japanese working ethics. For example, you must respect who are older despite the fact he or she is a horrible worker. You need to stay working till late, just so you look like a dedicated worker, although you have absolutely nothing left to do....I can't deal with it.

Having encountered this nice offer to go live in my own country, it made me realize how much I love it here. At this point, who knows what's going to happen, but at this point, I'd say I want to stay here in New York for a lilttle while. For now.
[PR]

by ayanewyork | 2008-01-23 12:19 | ひとりごと&未分類

『マッピー』用ボーダー

旅行計画の大変さ

結婚してから何が困るかって、vacationの計画。結婚する前は、自分の好きなときにお休みすれば良かったけど、今はそうはいきません。ちょっとしたお休みをとるのが10倍難しくなりました。私達夫婦は2人とも同じ金融業ですが、従わないといけないルールが全然違います。まず、私はこの国の法律上、1年に2週間の連続休みをとらないといけないのです。が、彼は逆に絶対に2週間なんて休みはとれません。1週間のお休みをとるのでも大変なのです。

3月の終わりに2週間、日本に帰ろうと思ってたのに結局彼は1週間しか日本にいれません。もー!日本の素晴らしさを知るには2週間は欲しいのに痛いなぁ~。しかもNYから遠いからフライトに2日はつぶれるし。1週間のうちにどうやって築地の魚市場に行って、浅草行って、鎌倉の大仏見て、富士山登って、フグ食べて、温泉はいって、おすし食べて、新幹線で京都に行って、金閣寺や清水寺を見て、たこやき食べて、ラーメン食べるのよ~。しょうがないんだけどね。

そして更に問題が。私は仕事上、月の終わりがお休みをとりやすいのです。だから3月の終わりにvacationをとろうと思ったのに、私の妹や父は3月の終わりは日本の会社の決算の時期であり、とっても忙しいのです。ガ~ン。この日本への旅行、すでに延期に延期を重ねたのに、また5月辺りに延期しようかなと考えました。が、貯まったマイルで2人分の航空券を買うには、オフシーズンの4月末までに旅行をしないといけないし。。。とお仕事しながら、頭をかかえていると、旦那さんからメールが。彼の上司が同じ時期に娘ちゃんの学校がお休みだから1週間休むかも、と。その場合は上司優先。

自分の国に2週間帰りたいという些細な事なのに、彼の上司の5歳の娘ちゃんの休みにあわせてスケジュールを組まないといけないなんて。。。イライライライラ

そしてこのイライラを発散しようと仕事が忙しくってもジムのクラスで汗をかこうと会社を飛び出したら、なんとスニーカーを忘れた事が発覚。キー!お友達が教えてるクラスはとっても楽しくて(彼はFoxやMTV, Queer EyeなどよくTVに出てます。)ストレス発散できると思ったのに。「もー!今日はついてないわ。どうしたらいい?こうなったら裸足でクラスうけちゃうべき?」と彼に相談したら、「いや、クラスまで10分あるよ。このまま、虚しく家に帰る。またはスニーカーを買うっきゃないね。」といわれ、なんと私はたった2時間のためにスニーカーを買ったのであります。どうしてもそのまま家に帰るのは嫌だったので。

いや~ついてなかった日でしたが、家に帰ってTVを見ていた旦那さん、
「Look!イヌコ!」と叫ぶじゃないですか。

イヌコさんってどなたですか????

TVを見ると仔犬がたくさん映っていました。そしてイライラは一瞬にして吹っ飛んだのであります。
[PR]

by ayanewyork | 2008-01-16 13:40 | ひとりごと&未分類

『マッピー』用ボーダー

もー!!予想外!

前回の日記で、Hair CutはやっぱりJapanese Styleで、なんて言って新しいHair Salonに行ってきたら。。。。

カットは良かったのにHigh Light Re-touchといったのに、なんとこんな色になってしまった!!
f0155318_11551063.jpg


私の髪の毛は色がとってもぬけやすいので、こんな恐ろしいブロンドにされてしまった。この写真だけでは、日本人の髪、ってわからないでしょう。会社に行けば、皆は想像通りのリアクション。日本では最もお堅い銀行で働いていて真面目な駐在員さん達に囲まれて仕事をしているので、それはそれは私うく、うく。色んな事言われました。

ナニジンですか?
ゑ!!どうしちゃったの?
わー、すごーい。
お~ブロンドになってるー。
ベルバラみたいですね。
すごい変身をしましたね。
ますます日本人離れだね。

私の上司は、優しいので(または、恐れているのか?)何も言ってきませんでしたが、仕事の事で話しかけたら彼の目は自然に私の髪の毛の方へ。だから、彼に「あの、私のこの髪を見てさぞかしビックリしているのが話しててよく伺えますが、言っておくけどこれは私が意図的にしようとした髪型ではありませんからね。」と言いました。彼は優しいので「Ayaさんがどんな髪型をしようと僕は何も文句はいいません。」だって。もう一人の上司はめったに私に話しかけてこないのですが、さすがに今日は話しかけてきました。「一瞬、誰かと思いました。」と。「まずいですか?」と聞くと「いえ、別はまずくはないです。」と。笑 
本当は真面目なお堅い銀行員達は私の事、心の中では信じられないと思っているかも。でもここはアメリカ。アジア人の髪の毛は黒であるべき、なんていうと裁判沙汰になりかねないから、皆私に嫌な事は一言も言わなかったので安心しました。

。。。と安心してる場合じゃないのです!私、明日グリーンカードのインタビューがあるのです。日本出身者として行くのに、よりによって直前にこんな髪の毛の色になり。。。ま、やり直しに行きますが。

そんな自分を落ち着かせるためにこの前アンティークショップで買った入れ物にお花を生けました。

f0155318_1217285.jpg

[PR]

by ayanewyork | 2007-12-18 12:19 | ひとりごと&未分類

『マッピー』用ボーダー

Highlights in Our Moving Process

f0155318_733925.jpg


あと3日で今住んでるアパートともお別れです。このお気に入りの窓からの景色ともバイバイと思うと寂しい気がするけど、そんな事言ってる暇もなく今週末は引越しの準備に明け暮れました。

私達の借りてるアパートは1ベッドルームなのに、えーー!!こんなにも??っていうくらいの『物』の量でビックリ。少しでも引越しの時に運ぶものを少なくしようと、まずは色んな家具を売り払う計画。特に私の独身時代お世話になった安いIkeaの家具達にさよならしたくって。

まずカラーコピーで"Moving Sale!!"とアドを作り、うちのビルのランドリールームに張り紙。
f0155318_7343810.jpgそしたら思った以上の反応!ビルに住んでる人や、住んでる人のお洗濯をするハウスキーパーさんから電話がジャンジャンかかってきました。 その他に日本人用のネットでも宣伝。売れ行きは思った以上でなんと$400もの利益が!$$$Chi-ching$$$!!!!

その他、Wow!そういえばこんな物持ってたね、という嬉しい発見も。買っておいてまだ一度もはいた事なかった靴とか。笑 Jesseは$50発見して大喜び。笑 そして私も後から$80発見して大喜び。笑 実際には自分のお金なんだけど、お洗濯の時や、ちょっと整理してるときに、不意な所でお金を発見したりすると、なんであんなに喜びが大きいのでしょう?ってもしかして私だけ?

そんな風にoohing and aahingを繰り返してパッキングしていったのだけど、処分するものが山のように。捨てるのには勿体無いから寄付しよう!と決めました。でも車のない私達2人はThrift Shopに本やらステレオやら服やらをカーとにくくりつけて、ゴロゴロとマニュアルで運び、その姿はまるでホームレスのようでした。
(都合よく、こんな写真を見つけてしまった。)かなりの労力だったけど、それはそれはお店の人に喜ばれました。ただ、1度じゃ済まず、3回にわけて色んなものを寄付したのだけど、3回目にお店に戻ったとき、無精ひげのでっぷりしたおじさんが、早速私達が寄付したTea Potを嬉しそうに抱えていました。それを見て私、「あ!それ私が昨日寄付したのよ!それはイスラエルで買ってきた手製のTeaPotなの。あなたに買ってもらえるなんて寄付してよかったわ!」と本当に嬉しい気持ちになりました。

でも、そのTeaPot、実はJesseが私と出会う前にイスラエルに行った時、お土産としてRoommateに買ってきたのです。それなのに彼女が引っ越したとき、一緒に持ってってもらえず、うちにずっと放置プレー状態だったのです。そして私がEBayで売ろうと試みたのですが、誰も買ってもらえず。(虚しい。) そんなわけで最終的には寄付する事になったんですが、そのおじさんはbeautiful beautiful!!とその色んなストーリーのつまったTea Potを大事そうに持って帰ってくれました。

His big smile was so rewarding to us, and he surely had us forget all the exhaustion from carrying so many things just by a cart!

So these were the highlights in our moving process :-)
[PR]

by ayanewyork | 2007-10-29 08:30 | ひとりごと&未分類

『マッピー』用ボーダー

Puppy Sitter

今日、はジムでお友達の教えているクラスを2つとって、思いっきり汗をかいた後、一緒にブランチをし、彼の最近飼いだしたワンコちゃんを預かる事になりました。

こんにちは。Ezra君です。生後たったの4ヶ月のpuppyです。ちなみに私、puppyっていう言葉が大好きです。響きが子犬にぴったりの言葉だと思いません?
f0155318_11575278.jpg
子犬ってやっぱり仕草も大人の犬と違ってすごく赤ちゃんぽくて、超、超かわいいですね。かなり癒されます。私の会社のデスクのコンピューターにもラブラドールの赤ちゃんの写真を貼り付けて、仕事が忙しくてイライラしてる時に眺めてはAwwwwと癒されてます。

Ezra君がうちに来た途端、私とJesseは取り合いでした。笑 
f0155318_12305177.jpg


このワンコ君たった4ヶ月ですが、イッチョ前に、Puppy Kindergarden、つまり子犬の幼稚園に通っています。6週間のコースであと2週間ほどで卒業式を控えてるそうです。笑 

こんな風にワンコを預かると私達も非常に飼いたくなります。でも今は共働きだし、責任を考えると無理だな~。でもいつかきっと。。。ラブラドールを2匹。黒、白一匹ずつ。

Ezra君、ちょっと外の散歩した帰り、うちのビルのエレベーターででっかいウンチをした後、
私の足に纏わりついてスヤスヤ寝てしまいました。
f0155318_12314453.jpg


先週、お仕事が発狂しそうに忙しかった私ですが、Ezra君が私のイライラを全て吸い取ってくれました。Can't underestimate the puppy power :-)
[PR]

by ayanewyork | 2007-10-21 12:36 | ひとりごと&未分類

『マッピー』用ボーダー

新しいブログ

以前のブログのサイトであまりにもエッチなコメントを残してくるLoser達が多すぎて新しいブログにお引越ししてみました。プンプン!色んなテンプレートがあって気に入ってたんだけど、しょうがない。でも、このブログ、使い方に慣れるまでちょっと時間がかかるかも。

f0155318_1038047.jpg


それはさておき、私のReal Lifeでももうすぐお引越し。写真は私の新しいneighborhoodです。

ブログ書いてないでさっさと引越しの用意をせねば。
[PR]

by ayanewyork | 2007-10-15 11:08 | ひとりごと&未分類

『マッピー』用ボーダー