「ほっ」と。キャンペーン

カテゴリ:映画&TV( 20 )

『マッピー』用ボーダー

外国映画のお薦め。

f0155318_1005976.jpg


↑ "The Sea Inside"の1シーンより。



最近、子供がしょっちゅう熱出したりなんだりで
夜に何度も起きたりしていたせいで私の睡眠も
リズムが狂いまくり、夜全く眠れなくなったりして、
何本も映画を見ています。


ということで、ちょっと映画紹介をしますね。

More
[PR]

by ayanewyork | 2011-01-07 00:01 | 映画&TV

『マッピー』用ボーダー

久しぶりに映画の話。

f0155318_2344294.jpg


久々に映画を観に行ってきた。

More
[PR]

by ayanewyork | 2010-12-05 00:43 | 映画&TV

『マッピー』用ボーダー

ドイツ人からお薦めされた映画

f0155318_9173965.jpg

「Aya、是非見て欲しい映画があるの!Cherry Blossomsという映画よ!
でも、あれは好き嫌いがあると思うから20分見てつまらないと思ったらストップしてね!」
といつも一緒に遊んでるドイツ人から言われました。

そう言われた2,3日後に、ご近所さんのドイツ人のご主人さんに、
「Aya、Cherry Blossomsという映画があるんだけどね、君は
是非見るべきだよ!」と言われました。

もうそう2度もドイツ人達に言われたら見るっきゃないね!
という事で早速みましたわ。

2人のドイツ人からお薦めされただけにドイツの映画なのだけど、
タイトルがCherry Blossoms、桜というだけに
日本に深く関係あるお話。そして桜だけでなく、
富士山と、『buto』もこの映画のキーです。

でもbutoって何かしら?とWikipediaで調べないとわからなかった
日本人失格のAya。

Butoとは?

暗黒舞踏の事で、日本の舞踊家土方巽を中心に形成された現代舞踊
(≒コンテンポラリー・ダンス)らしいです。

そんな踊りがあるのは知らなかった私、
↑の女の子を見たらわかるように、
f0155318_2434097.jpg









↑のイメージが頭によぎり、なんかラリッてる人の踊りにしか見えん...
と思ってたのだけど、やっぱりなんていうのかしら?
日本人じゃない人から見た日本文化は、私達日本人が
気づかない部分に気がついたりして、とっても
美しかったりするのでしょうね。ドイツ人2人が
私にお薦めしてきた理由がすごく良く理解できた映画だったと思う。
舞踏はいいとして、桜や富士山の存在もすご~く
美しく映画の中で表現されてて、日本人の私にとっては
嬉しかったです。

ストーリーもすごく素敵で、2010年で私が見た映画の
トップ1かも?と思ったくらい。
といっても私が2010年になって見た映画の数って
10あるかないかくらいなんだけどさ。(悲)

とにかく私のブログの読者の皆さんにお薦めしまーす!
といっても、ほぼ全員が見てくれないだろうけどさ...(笑)

ま、別にいいんだけど。
今回、2人のドイツ人からとってもいい映画をお薦めされたので、
今度は、彼らに『おくりびと』のDVDを貸してあげる事に決めた!
2人からの感想を聞くのがとても楽しみ!!


子育てスタイルに参加中♪

[PR]

by ayanewyork | 2010-09-15 08:14 | 映画&TV

『マッピー』用ボーダー

2010 Best Movieといわれてる映画は...

f0155318_9141228.jpg


Crazy Heartです。
とある友達から薦められて、じゃあ見てみようかなと思っていたところ、他の友達からも
Great Movieよ!と薦められたのでこうなったら絶対に見るしかない!と昨日みました。

感想はというと。しんみりするとっても良い映画でした♪ 
特に後半はとーっても良いです。
ジャンルでいうと、The Wrestler
のような映画。2010 Best Movieと言われてるのがよく理解できます。

私も皆さんにお薦めします♪

そして、今日はこの映画を友達とみてきました...
[PR]

by ayanewyork | 2010-08-16 09:46 | 映画&TV

『マッピー』用ボーダー

映画を観に行ってきた!!

f0155318_7202994.jpg

Mommy Groupのママ達&ベイビー達で今日、映画を観に行ってきました!!!
大したことじゃないようだけど、私たちのように小さいベイビーがいる人にとって映画館に行って映画を観るというのはすごい事なのだー!!いやいや、本当に。ベイビーちゃんたちは無料という事で、わざわざマンハッタンにある映画館に電車で行ってきました。すごいでしょー?!(しつこい?)

観に行った映画は"Babies"という映画。(go figure)
アフリカ、モンゴル、日本、アメリカの赤ちゃん達をとらえたドキュメントリー系の映画で、セリフが全くなく、ストーリーもなく、別に集中力を要する映画ではなかったので、ベイビー連れの私達には最高な映画でした。(笑)かといってつまらない映画だったかというと決してそうではなく、とっても興味深い映画で、これから子供が産まれる人、または赤ちゃんを持つ親にはおすすめの映画です。そして映画の中で実際に赤ちゃん達が泣いてるシーンがたくさんあったので、映画館にいた赤ちゃん達が泣いてても全然問題なかったのがgood!

Kaiも映画を観ている間、ずーっと大人しくしてくれて、途中から私の腕の中でスヤスヤ寝てくれたので助かりました。ふぅーっ
映画が終わってから、「Kaiさん、静かにしててくれてありがとうございました。」とちゃんとお礼を言いました。

映画の後は、NYCでちょっと話題の"The Meatball Shop"でランチをしました。私は今お肉を中断してるけど、さすがNYC、お肉専門のお店でもちゃんとベジタリアンメニューがあり、Veggie Burgerを頼んだのですが、激ウマでした!!(写真があればいいけれど、右手でバーガーを持ち、左手でヘビー級のKaiを抱っこしていたので、勿論カメラなんか撮ってる暇&手はありませんでした。)


...子供が産まれる前は、映画&食事なんて全く大したことじゃないので日記に書くことすらしなかったけど、今となっては、私にとって超excitingな事!(かわいそうって思わないであげてくださいねー。)1時から上映の映画を観るのにわざわざ電車に乗ってお出かけするということで、11時半に家を出て、帰ってきたのも5時過ぎてたなんてすごい充実感があり、帰りの電車の中ですでに「今日のこのイベントを日記に書かなきゃ!!」って考えてました。

私の人生本当に変わりました。でも今日みたいな一日を過ごすと仕事辞めてよかった~って思うのであります♪
[PR]

by ayanewyork | 2010-05-13 11:56 | 映画&TV

『マッピー』用ボーダー

My Favorite TV Shows

最近、色んなTV Showsを見ています。
DVRという機械で色んな番組を録画しておけるので、好きな時間に見られるように
なったからでしょうか。(日本にはDVRってあるのかしら?)

日本のお笑い番組も好きだけどアメリカのシリーズ物のTV Showsって
本当に面白い。私のお気に入りシリーズはほとんどHBOやSHOWTIMEなどのいわゆる
Prime Channelと言われるTV局で放送されるもので、放送禁止用語OK、暴力、
性的内容、全て含まれるようなものなんですが、紹介しておきます。

まずDexter。
f0155318_14244719.jpg

主人公のDexterは、殺人者なのですが、彼は人殺しの人達だけをどんどん殺していくという
なんともエグイお話。だけど、これがすごくよくできたシリーズで本当に面白いです。
(日本語に訳されたDVDもあるはず。)

Dexter役のMichael C. Hallは、一昔前にまたHBOのTVシリーズで大ヒットだった
Six Feet Underの主役でした。
f0155318_14341727.jpg

Six Feet Underも私、大好きなシリーズのうちのひとつ。葬儀屋を経営する家族の話
で、オリジナリティーに富んだ話ですごーくはまりました。

Six Feet UnderのDirectorは、Alan Ballだったのですが、彼の作品って本当に
どれもすごくユニークで大好きです。私の大好きな色んなアカデミー賞をとった映画、American Beauty
彼による映画だったし。

そして、彼によって作られた新しいTVシリーズTrue Blood。
f0155318_14465559.jpg

ヴァンパイアの話で、第一話を見たとき好きになれるかわからなかったけど、絶対
Alan Ballによるシリーズなんだから面白いはず!と見ていたらドーっプリはまりました。
Facebookでも何人もの友達が、次回のTrue Blood見るまで待てない!!とか
書いてる人もいるくらい面白いです。

あと、今週から見始めたシリーズ、The Wire。
f0155318_1452273.jpg

何人かの友達に薦められたのと、大学で犯罪心理学の教授をやってる友達のパパが面白い!
といっていたので見始めたシリーズ。(オバマ大統領も好きだそうです。)
ドラッグディーラーを暴いていく話です。
ただ、このシリーズはebonic Englishといってスラングだらけの英語、そしてドラッグディーラー
特有の英語が使われているので私もJesseも英語の字幕をつけて見ています。
最初はわかりにくかったけど、どんどん面白い展開になってきて、わくわくしながら見ています。

この↑のシリーズ、どれも共通して言える事は、ちゃんと集中して見ないといけないという事。
キャラクターのちょっとした行動が話の発展のもとであったり、さりげないセリフに重要ポイントが
隠されてあるので、それをキャッチできるかできないかでは面白さが全然違います!

他にも見てるTVシリーズたくさんあるけど、とりあえず↑のシリーズを
強くお勧めしまーす♪
[PR]

by ayanewyork | 2009-11-11 15:19 | 映画&TV

『マッピー』用ボーダー

相変わらずな生活

f0155318_12261162.jpg


妊娠をした途端、あれができない、これができない、と何もできなくなる女性が多い中、
(人によって妊娠の症状は違うけど。)
私はそうはならないようにするぞー!!と心がけているAyaです。
朝、気持ち悪くてもちゃんと会社行ってるし、肉と魚が全然食べられなくなっても
しょっちゅう友達とDinnerにでかけてるし、お酒飲めなくても飲みに行ってるし、(私は
ジュースを飲んでるけどね。笑)BBQには野菜を持参して参加して、普通の生活をしてます。

そして昨日は、待ちに待った『おくりびと』がやっとアメリカで最近上映されるようになったので、
見に行くわよー!!と日本人の女の子3人を引っ張って見に行ってきました。

まだ見てない人もいると思うので、ネタについては書かないけれど、感想一言:

本当に素晴らしい映画!!!

です。妹から、あの映画は日本人であってからこそ日本の文化の良さがわかる映画だよ、
と聞いていたので日本人と見に行ったのですが、いやー私達4人とも感動して映画館を
後にしました。横に座っていたアメリカ人もポップコーンむしゃむしゃ食べつつ泣いていたし、
最後は拍手してました。本当にアカデミー賞とるだけあるな、と思った映画。

私は日本を離れてからしばらく経つので、他の日本人とはちょっと違う見方をするのかも
しれないけれど、まずは、映画の中の、あの日本の独特な田舎の風景や、古風な家の造り、
家族の死に対する悲しみ方、などが日本の文化の素晴らしさをうまく反映させているー!!と感動。

そしてまたダイアログが素敵でね~~、それにも感動。アメリカで上映されてるので、勿論
英語の字幕がついていて、時々ちらちら読んでいたのですが、英語でもうまーく通訳されていて、
これだったらアメリカ人にも十分この映画のよさをわかってもらえるだろうと思いました。

とにかく感動しまくった映画です。来週、また同じ映画をアメリカ人(Jesse)と見に行きます。
もう一度みても、また感動するだろうな~。

人気ブログランキングへ
[PR]

by ayanewyork | 2009-06-05 12:52 | 映画&TV

『マッピー』用ボーダー

Un baiser s'il vous plaît

アメリカ映画には、素晴らしい作品がたくさんあるけれど、
Hollywood Starを使いまくりの、セットにお金かけまくりの映画を観ていると、
時々嫌気がさします。うわっ、お金で物言ってます、この映画!みたいな映画。
そういう映画は心に残らない。

そんな私が好きなのは、Independent Film。
日本語では独立映画とでもいうのかしら?

予算が少ない映画だからこそ、ストーリーや、舞台、撮影の仕方に独特なPurity & Originalityが
富んでいて、Independent Filmだからこそ生み出すなんともいえない『素朴さ』が私は大好きなの♪

そして私が最も好きなのはフランス映画。

フランス映画の、

f0155318_11201774.jpg









という気持ちになってしまう、ちょっと意味不明なグレーな部分がgoodと思える人、badと思える人、
ハッキリわかれるけど、私は断然前者の方。

あのちょっと意味不明な部分を、あ、きっとあぁいう事だったんだわ~と勝手に
自分自身の結論を出せる部分がたまらなくラブリーに思えるのです。
(もしかして、それって私が自分勝手な証拠?そんな事ないわ!)

そして先日観に行ったのは、これ。

f0155318_11263796.jpg

フランス語タイトル: Un baiser s'il vous plaît
英語タイトル: Shall We Kiss?

今、私はアメリカの映画に嫌気がさしているステージにいるので、
一人で行こうと思ったけどアメリカ人(匿名Jさん)もきっちりついてきました。
(こういった何処にでも着いてこよう、皆で行動しようとする行為を「アメリカ人症候群」と
私は最近呼んでいる。)


とあるストーリーの中でストーリーが進んでいく、(観れば意味がわかるはず)
といった展開がナイスで、何がいいってダイアログ。色んな気持ちの表現や
考えが美しく、情熱的に言葉で表されていて、(私が見たのは英語の字幕だったけど。)
とーっても、とーっても私好みの映画♪


さて。


アメリカにいるとヨーロッパの文化をべた褒めしがち(ヨーロピアンかぶれか?)
な私ですが...
果たしてこのフランス映画のよさが、アメリカ人にはわかるのでしょうか?
匿名Jさんにインタビューしました。タララッタッタッタタ~♪♪

Monsieur、この映画のご感想をお聞かせくださーい。s'il vous plaît
(単純だからすぐフランス語を使おうとする日本人の私。)

oui oui、だ~~~い好きでした。
(負けずとフランス語を使おうとするアメリカ人J。)

あらそう?意外。(もうここからは早速フランス語を交える事ができない。)
やたらとお金かけまくっているアメリカの映画よりベターよね?

また君はアメリカ人の僕に対して...

Excuse-moi あら、ごめん遊ばせ。ついつい...
でも今度は、またラテン系のIndependent Filmを観に行こうかな、私。

Si!

Si! ってやっぱり匿名Jさんは一緒にくるつもりなのね。
匿名Jさんのアメリカ人症候群はかなり重症と私は診断します。




Independent Film lovers!
just hit this wity your love
人気ブログランキングへ
[PR]

by ayanewyork | 2009-04-10 11:34 | 映画&TV

『マッピー』用ボーダー

悦楽

f0155318_1032542.jpg


Brooklynにある"Brooklyn Academy of Music"の劇場では、
ダンスあり、ギャラリーあり、映画あり、の色んなアートに触れ合う事ができる、
なんとも素敵な場所です♪

そして先日、どんなものがやっているかサイトを見ていたら、

NAGISA OSHIMA

f0155318_10244183.jpg











という文字が目に入った。調べてみると、

なんと、大島渚の監督した映画が2週間ほど毎日上映されているらしい!

ので、彼の映画をアメリカ人1人と日本人1人をまき沿いにして見に行ってきましたの♪

映画のタイトルは

悦楽 the Pleasure of Flesh (1965)


うわ、エロエロ。The Pleasure of Fleshって訳すと肉の悦びだよ!

あらすじを読んでも、こんな風に書いてある。

Anticipating the savage eroticism of the sensational and controversial
in the Realm of the Senses, this film rips apart post-war Japanese
consumerism with white-hot satire. Spurned by the woman he loves and
blackmailed for murder, a young man leaves his white-collar job and
shacks up in a "love hotel" for a year, indulging in unchecked hedoism.
Oshima co-opts the aesthetics of"pink"film...

サラリーマンの仕事やめて、ラブホテルに1年間もこもるなんて、これは
和のエロティシズムが期待できる!と思い出かけた日本人二人とアメリカ人一人であっが...


やっぱり60年代の映画で許されていたエロと今日の映画で許されているエロのレベルでは、
全く違うのですね。

60年代では、ラブホテルと言えども、ハート型のベッドなんてなく(そんなものがあるか、
私は知らないけど。)極めて和風だったし、Kissでなく接吻でした。
裸のシーンなんてひとつもなし。
これからスケベなシーンが始まる~と思っても、いきなりシーンは翌朝になって、
ベッドでなく布団に2人が入ってる、とかね。

でも思ったの。そういう方が逆に自分の想像力を使うから『和なエロティシズム』
があるのかな、って。(半分そうだと自分に言い聞かせているが。)
もっとVividなエロティシズムを期待していた3人にとっては、残念だったけど。(笑)

その一方で昔の映画には、昔の映画の良さもあるなとも感じたのは確か。
和なお座敷や、昔の家並み、60年代独特の女性のメイクやファッションとか。1960
年代独特の良さは『悦楽』の中にちゃんとしまわれてありました。

そして私がいちばん印象をうけたシーン:主役の男性が横に寝ている女をこれから抱こうとする前、
いきなり昔懐かし牛乳瓶に入った牛乳をグビグビー!って飲むシーン。

こんなシーンを見て、アメリカ人達はどう思ったのか気になるところ。
これぞ『和』である!なんぞ思っちゃったりするのかしら?

でもたまにこうやって古い邦画を見るのもいいですね。

さ、次はまたヨーロッパ映画の話をします。


大島渚さんって映画監督としてよりTV番組のレギュラータレントとしての
印象がつよーい!と思うなら!

人気ブログランキングへ
[PR]

by ayanewyork | 2009-04-07 10:47 | 映画&TV

『マッピー』用ボーダー

米人&日本人&血液型 <つづき>

f0155318_15135920.jpg


↑の花はこの前アレンジしたもの。「このアレンジがAyaが今までしてきたアレンジでいちばん好きだ!」なーんてA型のJesseさんは仰ってましたが。

もー彼がA型と知ってから、そういえばこういうところ、ああいうところがA型っぽいかも。
なーんて思い当たる節がどんどんでてきましたわ。
(血液型判断なんて所詮そんなものよね。)

例えば、Jesseさんは仕事に関しては、超真面目君なんですね。
私だったら気にしないような事も、永遠と語り続けたり。
お片づけもテキパキやるし。でもタオルとか畳むとき、角と角をきちんとあわさないから、私がいつもやり直すんですけど。。。

ところで私は、B型です。何か?
ブログをずーっと読み続けてくれてる方にもこの前当てられましたし、B型というと、「やっぱり!」と100万回くらい言われて生きてきました。細かく言えば、OとBの子なんですけど。

そんなB型の私、JesseさんがA型と知ってエキサイトしちゃって家族に電話して報告!そして妹に、
「おねーちゃん、そういえばA型の男は嫌いって言ってたよねぇ?!」
と言われました。(笑)

おっとっとー。そんな事言ったっけ?あ、言ってたかも。でももう結婚しちゃったしぃー!!
そしてA型の男が嫌いっていった理由はですねぇ、私の仕事場(細かい数字を扱っているお仕事)、几帳面すぎるA型の男性がオンパレードでして、「そんなに細かく拘らなくていいじゃーん!」という事が多々あり嫌気がさしてそういう発言してしまったんですよ。(だからA型のあなた、気にしないでね♪)

でもなんやかんや言って、私の周りA型の人たくさんいるし、A型の人に私はよく「B型の人、結構好きだよ。」と言われます。その言葉の裏側には、色んな意味が隠されている気がしてしまうんですけど。。。
って私も素直じゃないね。


とにかく。血液型について2編にもわたってブログを書いてしまったけど、私はあなたが何型であろうと血液型で人を判断をするのは避けて生きてるつもりです。人間ってやっぱり育った環境や社会でその人がどういう人間であるかが決まるって思ってるし。

なのでJesseさんがA型と知った今でも、彼の事を今までと変わらぬ気持ちで生活していく事を宣言しまーす♪

NYはまだ寒くて桜なんて咲く気配全然ないけど、
気持ちだけは!↓
人気ブログランキングへ
[PR]

by ayanewyork | 2009-03-24 15:51 | 映画&TV

『マッピー』用ボーダー