「ほっ」と。キャンペーン

T-シャツへの拘り。

f0155318_046284.jpg


お久しぶりです。

先週、両親が日本から来ていてバタバタしていたのと、引っ越しの手続きでバタバタしていたのと、天気が最高によくて外にずっといたのとで、久しぶりのブログ更新。

来月の初めにいよいよお引っ越しの私たち。Jesseさんは引っ越す気満々でエキサイトしている一方で、今頃になって私は12年間も住んだNYCから離れるのが寂しいという気持ちがどんどん大きくなり、引っ越しのパッキングはそっちのけで大好きなBrooklynに住んでいた思い出に、とT-シャツを買いに行ってしまった。

T-シャツといえば、ヨーロッパ人の友達が「アメリカ人はなんでああやって文字が入ったT-シャツを着るのかしら?ダサいわ〜。」と私に言ってきたのだけど、私は「長年アメリカに住んでてわかったんだけど、アメリカ人て実は何も考えずにただT-シャツを来てるのじゃなくて、T-シャツに書かれてる内容とか結構皆拘りを持っていて、オリジナルのT-シャツを自分でデザインしたりする人もいるし、よく注意して見ていると面白いT-シャツ着てる人もたくさんいるのよ。」と説明をした。

だから私も、というわけじゃないけどただのBrooklynのT-シャツを選ぶのに30分ほど費やすはめに。(笑)NYという街はManhattan, Brooklyn, Queens, The Bronx, Staten Islandと5つのBorough (区)から成り立っていて、面白い事に、"Manhattan" や"Queens" と書かれたT-シャツはまず見ないけど、"Brooklyn"と書かれたT-シャツは色んな人が着ているし、種類もかなり豊富。その理由はやっぱりBrooklynがいちばん味があって、かっこ良いBoroughだからだと私は勝手に思ってるのだけど、私は迷いに迷った挙げ句、今までずっとお世話になった"Prospect Park"と書かれたT-シャツを選ぶ事に。

デザインを見る限りでは普通っぽいT-シャツに見えるけど私にとってはかなり意味深いT-シャツ。これから住む新しい街は私たちみたいに元々NYCに住んでいた人が多く引っ越してくる街のようだけど、このT-シャツを着てて誰か反応する人があるか、ちょっと楽しみだったりする。

...ってそんな事より早くパッキングしないと...
[PR]

by ayanewyork | 2012-03-25 01:46 | NY&Brooklyn

『マッピー』用ボーダー

<< 主役ぶんどる息子 私の自家製きゅうりの漬け物♡ >>