NY不動産物語25. 家なき子状態

普通なら家を探すより自分の持ち家を売る方が時間がかかるのに、うちの場合は買いたい家が見つかる前に自分の持ち家があっさり売れてしまったため、これを書いてる今はまさに家なき子の心理状態。自分の家の契約も着々と進んでいて、あと数ヶ月で家を出ないといけない。でも家がまだ見つかってない!

そういった場合、うちが今度バイヤーから賃貸するといった形をとって今の家にもう少し長く住ませてもらったりもできる。ただしその場合、法が絡んでややこしかったりするし、バイヤーは私たちの家に早く引っ越してきたいという気持ちでいっぱいだろうから、そういった面倒を考えるとやっぱり他の場所を賃貸した方がよさそう。

じゃぁ何処で賃貸するか。

オプション1:NYCに留まってうちの近所のアパートを借りる。
そうするともう少しNYCに長くいられるし、子供のデイケアも探さなくてすむ。ただし、NYCの家賃は安くない。だいたいうちと同じくらいのアパートを近所で借りるとなると月に結構な額になる。そして家賃を払うというのは家の住宅ローンを払うのと違って、自分のエクイティへの投資にならないし、お金が勿体ない。

オプション2:郊外の私たちの住みたいエリアでアパート(家)を借りる。
この場合、ネガティブなのは、子供のデイケアも同時に探さないといけなくなる。そしてJesseの通勤用に車がもう一台必要になる。ただし、ポジティブなのは、NYCでかかる家賃の半分くらいで広い物件を借りる事ができる。また家探しをしやすく、そのエリアに馴染む事ができる。

という事で私は本音をいうとオプション1をとりたい所だけど、オプション2を選んだ方がロジカルという事で、あともう少しでNYCからお引っ越し。

とりあえず私たちの家探しを手伝ってくれている不動産屋のエージェントが賃貸の方も手伝ってくれるというので心配はないんだけど、子供のデイケア、それから今年の9月から始まるプリスクールも探さないといけない。それだけでなく小児科、歯医者、色々探さないといけない事がたくさん。

そう考えると急に引っ越したくなっていつまでもNYCにいたいと思ってしうまう!だって本当に今住んでるところ便利だから。でも子供の事を考えたらそうは言っていられない。あ〜やる事がたくさん!!

つづく。
[PR]

by ayanewyork | 2012-02-17 00:00 | NY&Brooklyn

『マッピー』用ボーダー

<< NY不動産物語26. 完結編  NY不動産物語24. 続く手続き >>