NY不動産物語18. 最も重要なプロセス

家を売りに出すのを一旦保留するべきか?でもすでに宣伝されてるし、一度売りに出して、すぐにマーケットから外し、また売りたいときにまた宣伝すると、「なんだかこの物件は怪しい。」と思われる可能性がある。ずっと物件をチェックしてる人達なんて沢山いるのだから。そして不動産会社のエージェントに愛想つかれても困る。

という事で、そのまま継続して家を売るプロレスを薦めた私たち。

そしてオープンハウスの準備にとりかかった。これはこの間の家の写真撮影より、更に大変なプロセス!なぜならオープンハウスに来る人たちは、皆クロゼットやキッチンの戸棚の中も開けてチェックするために、とりあえず表面上きれいにして、クローゼットや引き出しに色々しまい込めば良い、って事はできないから。でもこの作業は家を売るにあたって最も重要なポイントだからか〜なり頑張った。

例えば:

クロゼットの服はシャツ、パンツ、スーツ、を色などのコーディネートを考えながらハンガーにかけ、ハンガーも全て木製のもので統一。

リネンクロゼットの中は勿論タオルは全てたたみ方を統一し、同系色でコーディネートし、ベッドシーツなどは見かけが清潔なボックスの中にしまい込んだ。

キッチンの戸棚の中の調味料などはラベルを全て前向きにし、配置もきれいに。

子供のオモチャは、下に住んでる人にとりあえず置かせてもらった。

トイレやベッドルームはキャンドルを炊いていい香りを充満させた。

とまあ、普段から心がけてる事でもあるけれど、人に見せるとなるとかなり気合いを入れてオーガナイズ。そして家のアクセントに、お花を活け、緑を置いて寛ぎ感覚を強調。
f0155318_12552069.jpg

また暖炉の上の鏡の横にはこんな植物で飾った。
f0155318_12565533.jpg

ベッドルームの壁にはあまり絵がなく殺風景な感じがしたので、こうやって絵を飾った。
f0155318_12572967.jpg

そしてついにオープンハウスの日。今年の冬はかなり暖冬なのに、この日に限って気温が氷点下まで下がってしまった...。

さて反応はというと?

つづく。
[PR]

by ayanewyork | 2012-02-10 00:00 | NY&Brooklyn

『マッピー』用ボーダー

<< NY不動産物語19. オープ... NY不動産物語17. 新たな発見 >>