NY不動産物語17. 新たな発見

購入しようかと考えてる家での新たな発見とは?!屋根裏部屋にボストンバッグがあって、その中に現金がたくさん入っていた。な〜んて話は現実にはあるわけなく。

この新たな発見とは残念な発見で、何かというと:

カビ。

家の中はカビ臭くないし、そんなにひどい状態でないのだけど、カビってかなり厄介ものなのだ。こうやって家の中に繁殖するようなカビは主にタイプが2つあるらしく、安全であるのと、そうでないタイプ。安全じゃないタイプは勿論アレルギーや喘息になる危険性があり、小さい子供がいる我が家は特に気をつけないといけない。そしてカビは壁の表面だけであればブリーチをして済むけれど、深く繁殖している場合は壁を全部引っ剥がして徹底的に除去しないと、すぐにまた再繁殖してしまう。そして壁を引っ剥がした場合は壁の修理代もかかるわよね。

んもおー!ただの家探しにこんなカビの勉強をするはめになっちゃって参ったわ。

とにかく何処までダメージがあるか業者さんに来てもらって状態を調べてもらい、除去する作業の見積もりを出してもらった。そしたら表面的なカビなので深刻な問題はないと言われたものの、コストも何千ドルかする。

どうしようか。

でももう一度確認のために物件を見に戻ったら以前よりカビはひどい状態になっていた。カビって生きているからね。しかも任意売却の物件だから話が成立するまでに更に時間かかるし、私たちが引っ越せるという時までにはブルーチーズ状態になってるかもしれないし。

そしてこのカビの問題、プラス沼地があるでしょ。そして屋根とかもチェックしたら数年で新しくし直さないといけないような状態だし...やっぱりこの家は水回りがどう考えてもよくない。

という事で結局この物件は見放す事にした私たち。

でも自分たちの家はとりあえず売り出す事に決めちゃったし、どうするんだ私たち?

つづく。
[PR]

by ayanewyork | 2012-02-09 00:00 | NY&Brooklyn

『マッピー』用ボーダー

<< NY不動産物語18. 最も重... NY不動産物語16. 気がかりな事 >>