NY不動産物語8. 意外な展開

とにかく手数料のかかる不動産会社を通さずにすむように、と思う私たち。そしてうちの上に住んでる彼女の紹介で早速彼女の友達夫妻が我が家を見にくる事になった。彼らが我が家を見てる時は私たちはプライバシーを与えるために外にお散歩に出かけた。すると、たったの10分ほどした後、

「もう見終わったわ。ありがとう。2日後にまた連絡するわね。」との事。

そしてたった10分しか立ってないのにも見終わったって事はたぶんNoだね、と私たちが想像していた通りの結果になってしまった。残念。

その後、残念だった、なんて話を上に住む例のお嬢様と話していたら、彼女は

「私たち、あなた達の家見た事ないんだけどちょっと見ても良い?」

と言ってきた。

そしたら、その夜、彼女からこんなメールがきた。

「私たち、やっぱりあなた達の家、買いたい。」

つづく。
[PR]

by ayanewyork | 2012-01-31 00:00 | NY&Brooklyn

『マッピー』用ボーダー

<< NY不動産物語9. 慎重に。 NY不動産物語7. 家を売る... >>