NY不動産物語5. 夢の家は何処に?

さあ、夢の家、Dream House探しスタート。

とりあえずいくつか良さそうなエリアを選んで実際に周辺をドライブしてみると、想像していた雰囲気と全く違ったりする事もしばし。そして写真を見てる限りは素敵な家に見えるのに、実際に見たらそうじゃなかったり。写真ではキッチン、ダイニングルーム、リビングルーム、ベッドルーム、それぞれの様子は見れるけど、間取りは見れないし。NYCの物件は絶対に間取りもネットで見られるようになっているのに、郊外の物件ってそうじゃないから、実際に行ってみると、なんでこんな所にトイレが?みたいな家もあったり。

じゃあ私たちにとってのDream Houseはどんなかというと?

Jesseはお庭が広い事を重視。ラブラドールを2匹飼って、友達を招待して盛大にバーベキューパーティーをしたいからだそうで。(笑)そして私にとってはキッチンが重要。ダイニングエリアに吹き抜けているようなオープンな感じの広いキッチン。そして出来れば流しの所に窓があって、お庭を眺めるようになってれば最高。更に日本人ですからバスルームも素敵かつ、広くてあってほしい。また、欲張って言えば冬の事を考えて車庫は2台分、プラス家の横に繋がっていて、車庫から家に入れるようになってて欲しい。で、何よりも大事なのはロケーション!駅から車で10分以内。Jesseは朝7時には会社に出社しないといけないからね。

でも、実際に色々と家を見ていて分かった事はひとつ:

私たちの想像する夢の家は私たちの予算では見つからない。(笑)+(悲)

別に超広い豪邸が欲しいっていうわけでないのにさ。そして色んな物件を見ていくうちに、どんどんピッキーになっちゃうのよね。この家はここの部分がよかったけど、あの家にあった、あれが欠けてる、みたいにね。シングルのデートみたいなもの?A君の性格はすごくいいんだけど、B君みたいにお料理はできない、みたいな?

でも夢の家はそう簡単に見つからないので、私たちが探さないといけないものは:

私たちの夢の家へと改築、増築できるポテンシャルのある家を見つける事。

そして25軒くらい見たところで....?!!

つづく。
[PR]

by ayanewyork | 2012-01-28 00:00 | NY&Brooklyn

『マッピー』用ボーダー

<< NY不動産物語6. ついに見... NY不動産物語4. 家探しの準備 >>