NY不動産物語3. モチベーション

子供が多いエリアだと今度は競争率が激しくなる。そしてしばらく前から私の周りのママ達がいつも話しているトピックといえば、『今年の9月からどのナーサリースクール(保育園)に入れるか。』であり、公園に行こうが、保育園に子供を迎えに行こうが、もうこのトピックばっかり。

私も実際にもたもたしてられない、と今年の9月の事なのに去年の9月頃から色んな保育園のリサーチを始め、説明会に行ったりして、とりあえず1つの保育園に申し込みに行った。その保育園、狭いNYでは珍しいくらいのお庭のスペースがあり、保育園のプログラムもすごく充実しているようで、だからこそ人気もすごーく高い。そんな倍率の高い保育園、どうやって子供を選ぶかというと、30分間子供達をある部屋で遊ばせて、観察を行い、この子、あの子、と選考するのである。

こんなやり方ってはっきり言ってバカバカしいと私は思う。だいたい受かる保証なんてないのに、『30分間のお遊び』の為にお金払わないといけない。それにたったの30分間で小さな子供達の何を観察できるのかしら?たまたまその日、グズってしまう子もいるだろうし、そんな突然新しい環境の部屋で知らない子達と遊べなんて言ったって嫌がる子供だってたくさんいると思うし。実際にうちの子もこの日に限って皆でお片づけって言う時、思いっきり喚き散らかし、私は「あ、落ちたな...」と確信しているのだけど、結果は来月!

そしてもうひとつ、私が良いなと思った保育園では、子供の選考の仕方は『早い者順』なのだけど、やっぱり私がいいなと思う保育園は、他の親も良いなと思う訳であり、親達は朝の4時に起きて申し込みをするの。それは来月なんだけど、NYの2月って鬼寒いのよ?それを朝の4時に起きて外でずっと待ってるなんて...途中でおトイレ行きたくなっちゃったらどうなるのかしら?うちはJesseに有給とって順番に並んでもらう予定だけど、はっきり言って、

やってらんねぇ!

っていうのが私達の心境。しかも日本じゃ考えられないほど高いし。

そんなわけで、

NYから引っ越そうか?

という考えがニョキニョキ〜と芽を出し始めてしまったよ。
だってせっかくNYCで最も学区がいいとされてるエリアを選んで小さな家に住んでいるのに、競争率激しいわ、その皆を魅きつけている小学校だって人気がありすぎて子供が溢れかえってるというじゃないか。

そんな学校の環境って、いくら子供のテストの平均点が高くても、私にとっては『良い学校』とはいえないし。


つづく
[PR]

by ayanewyork | 2012-01-26 00:00 | NY&Brooklyn

『マッピー』用ボーダー

<< NY不動産物語4. 家探しの準備 NY不動産物語2. 狭いNY >>