仕事を辞めるという事。⑥

仕事を辞めると言う事。①

仕事を辞めるという事。②

仕事を辞めるという事。③

仕事を辞めるという事。④

仕事を辞めるという事。⑤

お待たせしました、『仕事を辞めるという事。』シリーズ第六話です。影で「続きを早く書け、気になるじゃんか。」といろんな人に言われるのでさっさと書きます。笑

月曜日から仕事に復帰した私ですが、想像していた初日とはかなり違うものでした。色んなママから初日は涙がとまらないわよ、と聞いていたので絶対私も泣いてしまうかと思ったら...泣きませんでした。笑
今週一週間は私が仕事に復帰するのは大変だろうとJesseが会社を一週間お休みをとってKaiの面倒を見てくれてるので、きっと安心して会社に行くことができてるからだと思います。(これがDaycareやNannyさんにいきなり預けるとなると、不安で仕方ないだろうなー。)そして超久々にパリっとした服装&ヒールを履き、通勤ラッシュの時間の電車の中でひたすら本を読みながら、「こうやってちょっとした自分の時間を持てるのも悪くないな。」なんて思ったり。そう思える自分に本当にビックリです。

会社に着く前は、私がいない間、色々と変化があっただろうな~と構えていたのですが、会社に着くとあまりにも何も変わっていなくてビックリ。そして、会社に戻ってきた私の姿に今度は周りの人達がビックリ。「あれ?!戻ってきたの?!!」みたいな。(笑)そして超ひさびさに、仲良きガールズとランチをして、お互い食べてるものをお裾分けしつつ、ペチャクチャお喋りしながらまた、「こうやって仲良い女の子たちとランチするのも私が恋しいなって産休中に思ってたことだよな~。」と思ったり。

そして月曜はひたすら何百通ものEmailのチェックを一日中してたわけですが、それと同時にJesseにも何度も何度も電話しました。Kaiは今寝てる?Kaiはお昼寝いつした?どれくらい寝た?最後にミルクあげたのはいつ?どれくらい飲ませた?泣いた?などなど。それプラスJesseに何度もKaiの写真を携帯でとって送ってもらいました。やっぱりずっと一緒にいたKaiと離れて一日を過ごすのはとっても寂しい。今週はまだJesseが面倒を見てくれてるからそうやって何度も何度も電話したり、写真を送ってもらったりできるけど、来週からはそうはいかないし。そして5時になると同時に急いで会社を出て家に帰る途中の事。自分のベイビーを連れて歩いてるママ達を何人も見て、「やっぱり私もKaiと一緒にいてあげなきゃ。」と思ったのでした...

さて。この『仕事を辞めるという事。』シリーズを最初から読み続けてくれてる人達は、え?なんで仕事戻ったの?と不思議に思っていることでしょう。私もリクエストが色々却下された時点で仕事に戻る事は、全く考えていなかったのですが、私がこうやって仕事に戻ったのには、勿論特別な理由があるからなのです。

つづく。
[PR]

by ayanewyork | 2010-05-05 09:43 | ひとりごと&未分類

『マッピー』用ボーダー

<< 仕事を辞めるという事。⑦ 仕事を辞めるという事。⑤ >>